銀行カードローンで気になる点は、口座開設が必要なのかどうかということでしょう。銀行カードローンによっては振り込みによる融資を受けるならその銀行口座でないといけない、さらに返済時に返済口座をその銀行口座にしなければいけないものもあります。
使い方は限定されるものの、もしも自分のメインバンクであって使い勝手がよければ口座開設が必須のカードローンでも問題はないかもしれません。しかし意外とメインバンクは会社で指定されたお給料の振り込み先だからという理由で使っているだけという方も多いものです。
カードローンの利用方法を考えれば、もしもこまめに借り入れをするのならATMの場所なども大きく問題となります。ATMは借り入れだけでなく返済にも大きな関わりを持っています。特に大きな金額を何回にも(何年という単位に返済期間が渡ることもありますね。)分けて返済するのなら返済方法などにも注意を払う必要があるでしょう。
この点からいって、カードローンは利用を急いでいるのではなければまず金利や利用方法から選んでいくべきです。その後口座の開設をしなければいけないのかそうではないのか、ということでさらに絞っていくようにしたほうが良いでしょう。例えばATMのみの利用を考えていて、口座開設しなくてもよいローンを選ぶといった方法があります。
オリックス銀行カードローンでは口座開設なしでも利用できるようになっています。借り入れや返済時に口座を使って行う場合も、オリックス銀行以外の銀行口座を指定して行えます。ただし一部の銀行は振り込み融資を受けられないなどといった決まりがありますので、この点は申し込み前に確認が必要でしょう。

債務整理にはいくつかの方法があるため、借り入れをなくしてしまいたい方にとってはおまとめローンを利用する際のまた別の選択肢として検討される方もいらっしゃるかもしれません。しかしどんな時にもおまとめローンより債務整理のほうがよいというわけではなく、借り入れの状況、今後の返済の予定など全てをトータルで考える必要があるのです。
債務整理では自己破産が最も知られているため、避けたいものと考えている方も多いですね。自己破産はその後の生活などにも制限を受けることがありますので、簡単にできるものではないということもその通りです。しかし債務整理にも種類があり、借り入れ先との話し合いによって行う任意整理では簡単に言ってしまうと借入残高を減らすという方法ですから、どれでも一切返済しなくなるといったわけではありません。
しかし債務整理の記録が数年間は残ることを考えると、おまとめローンで完済してしまいたいと考える方もいらっしゃるでしょう。債務整理をすることで、完済しなかったと受け止められてしまう可能性もありますので新たなローンなどを組めなくなってしまうかもしれません。
債務整理をすることはやはり慎重に決定したほうがよいでしょう。とはいっても現状収入の点などを考えてどうしても返済が難しい場合は、やはりそのままにしておいても解決することはありません。お給料が突然倍になるといったことが起こらない限りは現時点で難しい返済は、その後極端にラクになるということはあり得ないのです。借入残高が減ったと実感できる時までには、かなりの時間を必要とするものです。
おまとめローンを利用するメリットは、きっちりと完済したという記録が残る点にあるでしょう。今後ローンをどのように利用していくのか、もちろん個人向けの無担保融資だけでなく住宅ローンやマイカーローンなど利用する可能性が高いローンのことも考えて現在の返済が大変な状態を改善する必要があります。